読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

laglog

勉強した事のメモ代わりに使ったり、日々の思った事を綴ったり〜らぐろぐ〜

キャバ嬢に恋をしたかもしれない話

f:id:lag-o:20131108001131j:plain

 

久々のキャバクラ

最近、仕事つながりの友人二人と居酒屋やbarに行く機会が増えてきた。飲むのは平日が多い事もあり、大体はその場で解散するんだけど、先週は土曜日だったので二軒目はキャバクラに行こうという話になった。

最初は乗り気では無かったけど、酒が進むにつれて気分ものってきた。二人には仕事を貰う事もあり、酔った勢いで「奢る」と軽はずみで言ってしまい、後で冷静になって撤回しようとしたけど1セットづつ奢ることになった…

キャバクラに入ると週末のせいか、店内は賑わっていた。そのキャバクラには知り合いが働いていた事もあって、昔からよく知る店なので顔見知りも多い、なじみのキャバクラといってもいいだろう(笑)しかし女の子は新台入れ替えをしたかのように、初めて見る子ばかりで新鮮だった。内装は相変わらずだったけど。

指名

自分はキャバクラで指名はほとんどせず、フリーでまわすことが多い、まぁ指名しようにも誰が誰なのかわからな状態なので当たり前なんだけど、常にいろいろな女の子と話すためにフリーにしてるところもある(うん、ゲスい)そのお店では1set45分で15分ごとに女の子が変わるシステムになっていて、1setで3人の女の子がつく事になる。1人目はなかなか可愛い子がついた、指名してしまおうかと思うぐらい可愛い子ではあったが、突然事件は起こった。なんと小学校、中学校が同じで、おまけに後輩の妹だった…激しく萎えた。さすがに小学校から知っている後輩だったのでこれは、これ以上お近づきになっては先輩としての威厳(そんなものはないのだが笑)が…と言う事でその場を適当に過ごした。あんなに歳が離れた妹がいたとは全くしらなんだ。二人目はタイプでなかったので適当に話をしていると、なんとその子も小・中と母校が同じでしかも、聞けば超近所に住んでいる…地元あるあるでその場をしのぎ、3人目に期待した。そして三人目がやってきた。アカン!超タイプ!!俺崩壊w全力で指名した。

 

免疫力

女の子に対して免疫が全くないわけでは無いけど、自分はタイプ過ぎる子とは上手く話せないタイプだ!酒が進む進む!!完全に壊れ、その先の記憶はあまりないけどとりあえず、可愛いを連発していた事は確かだ。しかも翌日財布をあけてみると、どうやら6setいったらしい…しかも全額だしている…朝の日差しを浴びながら久しぶりにお酒の怖さを実感した。

 

記憶

自分は飲み過ぎると記憶をなくすタイプ。そういえば少し前にこんな記事を読んだ「酔っぱらって覚えてない」→そもそも脳が記憶していなかったことが判明:らばQ昔は記憶をなくす事は怖かったけど、これを読んでからは記憶をなくす事がポジティブにとらえられるようになった。そもそも忘れているのではなく、記憶をしていないと言う事は酔っぱらってやらかしてしまった失態などを脳が思い出として残さないでいてくれている。つまり自分に不都合な出来事は記録しない優秀な脳なんだと思う事にした(笑)都合の悪い事は無かった事にすればいいのです。ただやっぱり友人から酔っぱらった自分の話をされると、その時は恥ずかし過ぎて死にたくなります。

 

最後に

本題のキャバ嬢に恋をした話ですが只今絶賛営業かけられ中です。いい感じの距離感を保ちつつ貢げればいいな。と思います(笑)

それでは

【完全マニュアル】キャバ嬢とHするテクニックをキャバ嬢に突撃取材! (プラチナN文庫)

【完全マニュアル】キャバ嬢とHするテクニックをキャバ嬢に突撃取材! (プラチナN文庫)

 

 

↓LINEスタンプ販売中!↓

store.line.me

ブログ村に登録してます!良かったらクリックお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村