読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

laglog

勉強した事のメモ代わりに使ったり、日々の思った事を綴ったり〜らぐろぐ〜

LINEスタンプを作ってみた

すっかり日常化したLINEスタンプ

f:id:lag-o:20141104085801p:plain

スマートフォンが普及して数多くのアプリがリリースされ、その中でも多くの人たちのすっかり生活の一部になっているLINE。日常会話でも「またLINEして!」や番号やメルアド交換にかわって「ラインID教えて!」などなど一般的に使われるようになりましたね。そんなLINEのやりとりによく使われる『スタンプ』LINEの公式キャラや有名キャラクター、また企業などがコラボして出しているキャラクターなど様々なスタンプが今ではぞくぞくと出されています。コミュニケーションを円滑にしてくれるスタンプは時にはスタンプだけで会話が成立してしまう事もあります。そんなスタンプをはじめて作ってみました。

LINE Creators Market

そんなLINEが今年、ラインクリエイターズマーケットというサービスを開始しました。ラインクリエイターズマーケットとはクリエイター登録した個人または企業がLINEスタンプを販売できるサービス。これまでLINEが一方的に配信、販売していたLINEスタンプだがLINE Creators Marketを通し、一般の人でもイラストなどを作る技術さえあればスタンプを販売できてしまうサービスです。自分はこのサービスには開始前から登録だけしておいたのですが、なかなかスタンプ制作に割く時間が作れずに今日まできてしまいましたが、ついに先週スタンプ制作に着手し、スタンプ申請までに至る事ができました。

クリエイター登録

ラインスタンプを作りたい場合、まずはクリエイター登録が必要です。登録するにはLINEのIDが必要になります。https://creator.line.me/ja/の左下「登録はこちら」というボタンから登録する事ができます。LINEに登録してない方は新たにアプリのインストールが必要です。登録している方はLINEを開き「設定>アカウント」で情報を入力すれば登録ができます。その後、売り上げの振込先銀行情報などを入力して「新規登録」とボタンをクリックして完了。クリエイター登録をした際に制作する時の作成サイズや禁止事項も知っておく必要があります。作ってから登録不可の内容だったり、サイズ間違えたりした場合には修正などしなければならない為、最初からしっかりと作りこんでおく必要があります。

LINEスタンプ作成

スタンプ作成にはillustratorphotoshopなどの作成ソフトが必要です。もちろんフリーソフトで制作する事も可能です。画像はすべて「png」ファイルで制作します。カラーモードは「RGB」サイズはメイン画像が「w240×H240」トークルーム画像が「w96×H74」スタンプ画像が「w370×H320」で作ります。あわゆきさんのブログでLINEスタンプを制作する際にとても便利なテンプレートセットをダウンロードする事ができます。illustratorを持ってる方は是非このテンプレートを使って制作するといいでしょう。今回の制作にもこれを使わせて頂きました。CS2から使う事が可能です。

LINEスタンプ用 Illustrator テンプレートと書き出しスクリプト - はてゆき

画像を書き出しをする際にも個々のスタンプで書き出しをできるのでちょっと修正をしたいと思った時にも個別で修正し書き出す事ができます。

LINEスタンプ申請

制作が終わったらLINE Creators Marketでスタンプ登録をします。スタンプの登録には必ず英語で登録をしなければなりません。自分は英語はまったくダメなのでgoogle先生にお願いしました。もちろん英語を入力した後で言語の追加で日本語の追加もします。

f:id:lag-o:20141104100534p:plain

そして販売者情報とエリア、コピーライトなどの登録。コピーライトとはwebサイトなどによくある「Copyright© 2014 ○○○ All Rights Reserved.」ってやつです。

f:id:lag-o:20141104101914j:plain

その後、その他のオプションを入力します。作品が確認できるURLには宣伝ページなどを登録すると良いと思います。ライセンス証明書は全て著作権が自分にある場合(全て自作している)は添付する必要はありません。

f:id:lag-o:20141104102336p:plain

必要事項を全て入力した後、下にある保存ボタンを押せば完了。次はスタンプのアップロードです。

画像のアップロード

保存ボタンを押した後、40個のスタンプ画像とメイン画像、トークルーム用の画像を含めた全42個の画像をアップする必要があります。アップロードには一つ一つアップするのは面倒なので、LINEが推奨する一気にアップロード方法がありますのでそちらでアップロードすると簡単にできます。一度に全ての画像をアップロードするにはルールがあります。

・メイン画像は「main.png

・トークルーム画像は「tab.png

・スタンプ画像は「01.png」〜「40.png

と命名する必要があります。これらを一つのフォルダにしてzipファイルに圧縮してアップロードします。フォルダ名は自分が管理しやすいファイル名で問題ないと思います。アップロードができたら下にあるリクエストというボタンをクリックして完了。

審査

申請してからは段階があるようで「審査待ち」「審査中」をおえ、販売ができるようになるようです。もちろん審査に落ちるという場合もあるでしょう。自分はまだ制作したばかりなので審査待ちの状態です。だいたい審査待ちから審査中になるまでは2週間から一ヶ月ぐらいが目安のようです。審査中から承認までは人それぞれですが審査待ちから販売まで恐らく二ヶ月ぐらいは覚悟しておいた方がいいのではないのかと思います。早ければラッキーって感じで気長に待ちます。もちろんリジェクトされ修正などで販売が伸びたり、完全に審査落ちしてしまう事もありうるので気持ち的には最善を希望し、最悪にも備えたいと思います。

最後に

イラストは昔から苦手でデザインを勉強してたときもクラスで一番下手でした(笑)あまり得意ではないのでゆる〜い感じで仕上げてます。スタンプの作成にはそこそこ時間がかかりましたが、やっと申請までいけてほっとしております。しかし審査に入るまでは少しドキドキです。今回制作したスタンプは「上からファラオ!」LAG_OのLINEスタンプ|LINEスタンプ検索サイト Stampers(スタンパーズ)で見る事ができますので良かったら応援よろしくお願い致します。審査中になった時、または販売になった時に記事が書ければと思います。審査落ちした場合は黙っておきます(笑)それでは

 

確実に稼げる LINEスタンプ 副業入門

確実に稼げる LINEスタンプ 副業入門

 

 

↓LINEスタンプ販売中!↓

store.line.me

store.line.me

↓LINEスタンプ紹介ページ↓www.stampers.me
www.stampers.me

あわせて読みたい関連記事

laglog.hatenablog.com

laglog.hatenablog.com

laglog.hatenablog.com

 

laglog.hatenablog.com

laglog.hatenablog.com

ブログ村に登録しました!良かったらクリックお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村