読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

laglog

勉強した事のメモ代わりに使ったり、日々の思った事を綴ったり〜らぐろぐ〜

サーフィンのオフトレに最適なカーバー(サーフスケート)

サーフィンのオフトレ

f:id:lag-o:20140922174109j:plain

サーフィンは海でのスポーツ。毎日サーフィンに行きたいけど、そんな時間がないという方も多いと思います。行けても週末だけしか行けなかったり海から遠い内陸部の方もいると思います。そこで、海に行かなくてもサーフィンの練習ができるサーフィンのオフトレ用スケートボードがあります。それがカーバー(サーフスケート)です。以前の記事でスノーボードのオフトレ用としてフリーボードを紹介しましたが、スノーボードと同様にサーフィン用オフトレボード「カーバー」について紹介したいと思います。

サーフィンはオールシーズン

雪上を滑るスノーボードとは違い、言ってしまえばウェットスーツさえあればサーフィンはオールシーズン楽しめるスポーツです。しかし冬の海はとても過酷です。大好きな人は真冬でもはいりますが、寒いのに弱い人は無理でしょう。もちろん防寒対策をばっちりすれば入れない事はないでしょうが、ウェットスーツも安くはありません。本格的にサーフィンをしている人はウェットスーツを薄いものから厚い物まで、何種類もそろえてシーズンによって変えたりしています。しかしウェットスーツにそんなにお金をかける余裕がないと言う方は少なくないと思います。そこで必要なのがオフトレです。

海に行けないけど練習はしたい

やはりサーフィンに限らず全てのスポーツにおいて上手くなるには練習が必要です。しかしスノーボードもサーフィンも自然を相手にするスポーツですので、そのフィールドに行かなければできません。そんな悩みを解決するのがオフトレ用品。カーバーは普通のスケートボードとは違い前輪部分が稼働するように作られています。これによりまるでサーフィンをしているかのように進む事ができます。膝や腰、如いては身体全体を使いサーフィンをするように乗る事で板を漕ぐ事ができます。これは坂道ではなくてもフラットな平面でもできるので場所を選びません。カーバーは上手い人が乗ると本当にサーフィンをしているかのように見えます。


最強陸トレフラットバンカーズ/早分かり公式PV - YouTube

スケートボードとの違い

カーバーの見た目はスケボーと似ています。しかし画像ではわかりませんがスケボーより実は一回り大きいです。またウィール(タイヤ)もスケボーとは違いカーバーのウィールは一回り大きく、ゴツくできています。フラットな場所でスケボーを乗る場合はプッシュ(足で漕ぐ行為)をするかチックタック(技)をすることで前進しますが、先ほども書いた通りカーバーは身体全体を使う事で前進する事ができます。ここがカーバーとスケボーの大きな違いではないでしょうか。しかしスケボー経験がある方は少しコツを掴むだけでカーバーに乗る事ができます。

スケボーより少し高価

カーバーはスケートボードと比べると少し高いです。だいたい安い物で2万円から4万円ぐらいが相場で高い物だと7万円ぐらいのものもあります。ブランドによってはもっと高い物もあるでしょう。乗れなかった場合を考えて、まずは安いやつから初めて上手くなってから高いものを買ったほうがいいかもしれません。もしくは最初から高いものを買って「絶対に乗りこなしてやるぞ!」と意気込むのもいいでしょう。

 最後に

いつでもどこでもサーフィンの練習をしたいという方は是非買ってみて下さい。サーフィンのオフトレではなく、これメインでも十分に遊べると思います。しかし公道でのスケートボードなどの使用は道路交通法違反になる場合があるので、使用する際は場所を選んで遊びましょう。(交通のひんぱんな道路での使用は道路交通法第120条により、違反です。5万円以下の罰金に処せられます。)公園やフリーボードやカーバーを含めスケボー、インラインスケートが楽しめるパークは全国各地にありますのでそういった施設でやる事をお勧めします。下記にリンクを貼っておきます。それでは

全国のスケートパークがまとめられたサイト:AJSA:日本国内スケートパーク情報

 

 

■合わせて読みたい関連記事


フリーボードがアツい! - laglog


初心者サーファーが最低限おぼえておきたいルール・マナーやサーフィン用語 - laglog


初心者サーファーが選ぶサーフィンにあると便利なグッズ10選 - laglog

■LINEスタンプリリース中! ↓販売ページはコチラ↓ store.line.me store.line.me ↓LINEスタンプ宣伝ページ↓ www.stampers.me www.stampers.me

ブログ村に登録してます!良かったらクリックお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村