読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

laglog

勉強した事のメモ代わりに使ったり、日々の思った事を綴ったり〜らぐろぐ〜

見事な三日坊主

三日坊主

f:id:lag-o:20131019124923j:plain

ブログを始めて三日目で見事に更新を途絶えさせてしまった。別に書く時間がなかったわけではないけど、書く気になれず更新しなかった。昔から飽きっぽくて集中力がないって言われ続けて育ったから続かない事に対して何も思わなくなっちゃったところもあって、最近では何かを始めようとしても、どーせ続かないからやめておこう。と始める事すらしない人間になった気がする。

ところで三日坊主ってなに?

三日坊主の語源を調べてみた

 

僧の修業というものは、早朝からお勤めが始まり、食事も粗食で規則正しい生活を強いられる。
出家しても、中途半端な気持ちでは修業の厳しさを乗り越えられず、三日経ったら還俗(出家した人が再び俗人に戻ること)してしまう人がいることから出来た言葉。

すごく納得できるないようだわ。何かに対して中途半端な気持ちで取り組んだら、そりゃ続かないよな。今の自分にすごく当てはまる。やる前から敗北モードで取り組んでるから何をしても最後まで続かず、辞めたり逃げたりするんだと思う。 もちろん本当に好きな事には全力で取り組めるんだけどね。

 

継続は力なり

継続は力なりとはよくいったもので、例外もいるけど人生が上手くいってる人のほどんどは、やり抜いてるから上手くいってるんだと思う。昔、こんな言葉をどこかで読んだ「努力すれば必ず成功するとは限らないけど、成功した人達は努力をしてきた」(多分こんな感じだった)この言葉はどこか刺さるものがある。成功した人達にはもちろんそれなりの過程があるわけで、それは何にしても一緒。例えばチラシ一枚にだって打ち合わせからデザイン、印刷まで様々な過程があって、それなりの時間がかかって一枚のチラシにまとめられる。手に取ってみればたった一枚の紙に商品と値段が並べられてる紙に見えるかもしれないけど、それなりの時間と人が動いているのをそのたった一枚を見ただけでは汲み取れない部分がある。

 

書く事を当たり前に

何となく始めたブログだけど、今は書かなきゃって気持ちで書いている自分がいる。別に書かないからって何かペナルティがあるわけでも、誰かに怒られるわけでもないけど、続かせなきゃって心のどこかで思ってしまってる。書く事に使命感を持つよりも好きだから書く、書きたいから書く、ぐらいにブログを更新する事を当たり前にしていきたい。書く事で精神的に解放されたり、文章力がついたりするんじゃないかな?って思ってるからこれからも続けれるように、とりあえず努力していこうと思う。それでは

↓LINEスタンプ販売中!↓

store.line.me

ブログ村に登録してます!良かったらクリックお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする