読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

laglog

勉強した事のメモ代わりに使ったり、日々の思った事を綴ったり〜らぐろぐ〜

このままで大丈夫だろうかと毎日思う

f:id:lag-o:20131016183819j:plain

今年の夏に仕事を辞めた

仕事を辞めて4ヶ月。辞めた理由は色々あったけど主な理由としてはフリーになりたかった事と会社への度重なる不満。部署内の人間関係はとても良かったし、ある程度融通のきく会社ではあったけど、上層部の方針などへの不満は在職中はずっとあった。方針に文句を言える立場でもなく、副業も上手くいっており、どうしてもその会社じゃなければダメだということもなかったので離職を決意した。そもそも入社当初から一生この会社に尽くそうなんて気はまったく無く、元々フリーにはなる予定だったし、いつかは辞める予定だったので後悔は一切ないけど、会社と言う組織のありがたみは今ひしひしと実感しつつある。たいした仕事もないのに無駄に出社させて能力もないのに上から目線の上司から解放されてフリーならやった分だけ確実に収入も増えるし、自由に時間使えるから辞めるしか選択肢ないじゃんってぐらいしか思ってなかった。

一人でやって行くという事

まわりには起業した友達もわりと多く、飲みの席でも経営の話をしたりする事もある。でもよく勘違いされるのはフリーランスという立場と社長という立場を混同されること、確かに経営という観点で言えば同じフィールドなのかもしれないが、社長の立場なら将来的には現場からフェードアウトしていく事ができるが、フリーランスは違う、一生労働者なのだ。この先も会社を興さない限りは働き続ける、ヨボヨボのおじいさんになるまでパソコンの前でカタカタと作業していかなければならい。人を扱う技量もなければ会社を経営できるほどの器もない。

 

老後まで続けられるだろうか?

今は若いから体力的にも精神的にもやっていけるだろうけど、不規則な生活で朝から夜中まで作業する事もよくある事。しかし50代60代でもこの調子で仕事できるのだろうか?年金受給年数の引き上げがこの先もまだまだあるだろうし、おまけに貰えるかもわからない年金をあてにする事もできない。国民年金基金などへの加入もしたほうがいいのだろうけど今は迷いもあってか見送っている状態。将来的に安定して稼げるような画期的なサービスを生み出せる頭も技術も無いから困った…

 

再就職という選択

フリーとしてまだ4ヶ月だし、まだ仕事に困ることもないからいいけど、正直なところ「この先本当に大丈夫か?」と毎日自問自答してる。目先の仕事ばかりしていて先々の事が見えない、見たくないのかもしれない。そうしているうちに頭に浮かぶ言葉が「再就職」やっぱり誰かの下で使われてるほうが楽だし合ってるのかもしれない。まわりの人間は「まだ始めたばっかだし、なんとかなるって」と励ましてくれるけど、完全に人ごと。まぁ実際に人ごとだからしょうがないけど、そんな言葉でもその時は単純に「そうだね」と前向きにはなれる。だけど根本的な問題はいつまでも解決しない。

 

今、フリーランスで働く人達の将来

今現在フリーランスでやっている人は将来的には会社にする事を考えてるのかな?会社にするって決めてる人はそれでいいんだろうけど、考えてない人はどうする気なのか聞いてみたい。自分は会社を起こすつもりはさらさらないので今、フリーランスでこの先、会社を作る予定もない人の中で、この先のビジョンがしっかり見えてる人の話を聞いてみたいな。

 

 

それにしても暗い内容の日記になってしまったなw

でも書いたら少しスッキリした!明日も頑張ろ。

 

↓LINEスタンプ販売中!↓

store.line.me

ブログ村に登録してます!良かったらクリックお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村