読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

laglog

勉強した事のメモ代わりに使ったり、日々の思った事を綴ったり〜らぐろぐ〜

11月15日頃から太陽が2週間消える?追記あり

不思議 海外 宇宙

f:id:lag-o:20161025120446j:plain
ブログ毎日書く宣言から例によってサボりまくりのlag-oです。こないだの3連休からブログをぱたりと書くのをやめていましたが、SNSできになる記事があったのでご紹介します。本当ならばもっと報道されてもいいと思うんですが、デマっぽい気もしてならない興味深い宇宙に関することです。しかも情報源はNASAとのことなのでそれだけで信用してしまいそうですが、英語が読めないのでNASAということ自体がデマなのかも、もしくは記事自体がデマの可能性もありますので、信じるか信じないかは貴方次第ってやつです。

11月15日頃から二週間、太陽がなくなる

記事によると11月15日から11月30日頃にかけて太陽がなくなり14日間のあいだ地球上は暗闇になるという発表された。
以下引用

NASA天文学者らは、11月15日から11月30日にかけて地球は昼も夜も真っ暗な状態になる可能性があると伝えています。

11月に起きる約14日間の暗闇は、金星と木星の位置が関係します。オバマ大統領が任命したNASAのトップ(チャールズ・ボルデン氏)が、ホワイトハウスに11月の暗闇を予測する資料(計1000ページ)を提供しました。

この資料によると、この期間中、金星と木星の距離がたった1度にまで接近した状態で並列になります。

金星が木星の南西部を通過するときに金星の光が木星を通常の10倍の明るさにし木星のガスを熱します。
すると木星のガスがある種の反応を起こします。
このガスが反応すると前例のない量の水素が宇宙に放出されます。
水素ガスは太陽の表面に到達し、太陽表面を爆発させます。

すると太陽表面は一瞬にして9000度ケルビンまで温度が上昇します。
すると、太陽は核から熱を放出しながら表面の爆発を止めさせようとします。
しかし核からの熱により太陽表面は暗くなり、赤ではなく青い色に変えます。

太陽表面が青くなると約14日間にわたり地球を暗くします。そして15日目に再び太陽は赤く輝くよ。

出典 http://mixi.jp

他国ではすでに準備をしている模様

日本のテレビでは私の知る限りはまだどこも取り上げていないようですが、各国では準備に取り掛かっているようです。アメリカではオバマ大統領が緊急事態宣言を出し、ロシアはモスクワ市民全員のシェルターを確保しろとの指示を出しているようです。ドイツは食料の準備をするように指示していたりしているようですが、日本ではこんなことまったく報道されていませんね。これが事実ならパニックを抑えるために報道してないのかもしれませんが、マジで起こるのなら食料ぐらいは確保しないとちょっと心配ですね。記事中には

内陸部は気温が急激に下がり氷点下50度くらいになるでしょう。屋外では死亡します。

とも書いてあるので暖をとる準備も必要でしょう。しかしこれは冒頭にモスクワのことが書かれているのでモスクワだけのことを言っているのかもしれません。その他にも地球のへの影響はアラスカの住民が冬に体験している気温と同じ程度とも書いてあるので日本ではそれほど心配する必要はないかもです。

過去にも同じような天体現象があった

二週間暗闇が続くなんて本当にあるのか?と思いますが過去にも同じような天体現象が起きたという記録があるようです。6500年前にも太陽が消えたという記録が神話として残っています。日本神話の岩戸隠れです。太陽神である天照大神が隠れ、世界が真っ暗になったとされる伝説です。
天岩戸 - Wikipedia
神話なのでなんとも言えませんが、実際にこのような天体現象が6000年に一度ぐらいあると考えられているようなので油断はできません。

作物などは絶滅しないか

たった二週間のことかもしれませんが、それだけ太陽を浴びなければ作物が枯れてしまう心配もあります。畑などで栽培しているものに関しては死に絶えてしまうものもあるかもしれませんが、今は工場などでも野菜などを栽培していたりもするのでそんなに心配はないと思っています。農家の人にとってはとんでもない被害が出るところもあるとは思いますが。種の絶滅などに関してはノルウェーにある「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」があるので絶滅の心配はいらないでしょう。しかし動物が太陽に二週間当たらないとどのような影響がでるのかわかりませんが野生動物に関しては少し心配な面もあります。
スヴァールバル世界種子貯蔵庫 - Wikipedia

最後に

これが本当に起こるのなら人生に一度しかできない経験なので少し興味がありますが、もし目の当たりにしたらビビってしまいそうです。世界の終わりだと思いパニックになる人もいるでしょう。先日も鳥取で大きな地震があり、これからは南海トラフ地震の心配もあるので災害には常に準備をしておきたいところです。あまりオカルト的なのは好きではないですが宇宙のことは興味があり、これだけ多くの星が存在すればこのぐらいの現象はあってもおかしくはないのではないかと思います。デマであればそれはそれでもいいですが、備えあれば憂いなしです。二週間のブラックアウトを信じるか信じないかはあなた次第。それでは

追記:
【NASAが発表?】11月15日頃から2週間、太陽がなくなる。アメリカやロシア他の国は国民に準備するように警告、しかし日本は?|気になる情報集めてみました
にてソースは不明ですが、このニュースは偽ニュースだという情報があったので載せておきます。
以下記事最下部引用

このニュースは偽ニュースとの情報がありました。が、何が起こるかわからない時代。災害に備えて準備しておくのも悪くはないでしょう。

あわせて読みたい
laglog.hatenablog.com
laglog.hatenablog.com
laglog.hatenablog.com

■LINEスタンプリリース中!
↓販売ページはコチラ↓
store.line.mestore.line.me

ブログ村に登録してます!良かったらクリックお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村